放っておくと本当に怖い高血圧

高血圧に良い食べ物、食材はコレ!

「高血圧」というとあまり大したことがないというイメージがありますが、知らぬ間に大病になり死に至る「サイレントキラー」と呼ばれていることをご存知でしょうか?

 

高血圧は、自覚症状がないのに大きな病気の温床となる改善すべき症状です。

 

理想は高血圧になる前にですが、なってしまったあともまだまだ改善は可能です。

 

高血圧になる大きな原因は「ドロドロ血」「塩分過剰」によるものです。そこで、この二つを改善するための成分、そして高血圧に良い食べ物・食材、気を付けることなどをお伝えしていきます。

 

 

高血圧に良い成分ってなに?

高血圧に良い食べ物、食材はコレ!

DHA

頭がよくなるというイメージがあるDHAですが、このDHA・EPAを摂取することにより、DHAは血管内の細胞膜の柔軟性を上げる働きがあり、血管がスムーズに拡張しやすくます。

 

この働きにより、血流の改善効果があります。またDHAには中性脂肪を減らす効果や、善玉コレステロールを増やす働きもあります。肥満も血流が悪くなってしまう原因ですので、DHAを摂ることによる高血圧の改善効果は非常に高いといえます。

 

EPA

あまり気なじみのない名前ですが、魚に含まれているDHAとセットで含まれていることが多いもので、その分子構造もよく似ています。EPA単体で高脂血症や閉鎖性動脈硬化症の医療行為もできるほど強力な成分です。

 

EPAはDHAと共に摂取することでより高い効果が期待できます。

 

現在、DHA・EPAの摂取は高血圧の改善には一番適している成分です。

 

サポニン

血圧改善の代表的成分の一つ。サポニンには毛細血管の拡張をする働きがあり、血流改善を促します。

 

タウリン

交感神経の緊張を緩め、血管を収縮されることにより、血圧を下げる効果があります。牡蠣などに多く含まれています。

 

カリウム

カリウムには塩分を排出する作用があります。

 

食材の場合は熱に弱いため、カリウムを摂りたい場合には食材をできるだけ生で食べることをおすすめします。少し塩分を摂りすぎたといった場合には積極的に摂取することが効果的です。

 

ナットウキナーゼ

納豆に含まれる成分で、血栓の主成分に働きかけ、直接分解する作用があります。

 

ただ、食品としての納豆をたくさん食べればいいかと言われればそうではありません。納豆にはビタミンKというものが腹案れ、これは血液を固める作用があります。ナットウキナーゼをしっかり摂る場合はサプリメントでの摂取がお勧めです。

 

それらを含んだ高血圧に良い食べ物

高血圧に良い食べ物、食材はコレ!

塩分は控えめに、外食は塩分表示をチェック

血圧の改善において重要なのは塩分の改善をすることです。

 

高血圧の症状の方に適した摂取量は下記の通りです。

 

高血圧治療ガイドライン
1日の塩分摂取量 6g未満

 

現在健康な方ならば、厚生労働省の発表している摂取量基準を参考にしましょう。

 

厚生労働省の1日の塩分摂取基準量
男性9.0g未満、女性7.5g未満

 

現在の日本人の平均が男性11g前後、女性9g前後と塩分過剰という方がかなり多いため、自分は大丈夫と思っていても一度見直してみることは大切です。

 

減塩は飽きない工夫が大事
ただ塩分を抑えるだけだと食事自体が苦痛になってしまう方も多いため、塩分のないブラックペッパー、わさび、しょうが、にんにく、山椒などの香辛料、出汁(塩分の少ないもの)などをうまく活用するとおいしく食べれます。人間の味覚が薄味に慣れる期間は人によって違いますが、1か月~3ヵ月かかる人が多いようです。

 

ただ、最初から11gを6gにするのではなく、一週間ごとに1gずつ減らすような工夫をすると慣れやすいのではないでしょうか。具体的にはおかずの逸品を少し薄めで味付けしてみるといったことから始めましょう。

 

外食は大手チェーンなどを中心に塩分表示をしているところも多いため、塩分を見ながら外食を楽しむというのも一つの手ですが、やはり一食で6gを超えて10g程度摂ってしまう料理も珍しくないので、塩分制限中の外食は十分に気を付けましょう。

 

動物性脂肪には要注意

高血圧に良い食べ物、食材はコレ!

その名の通り、動物に含まれる脂肪のことですが、特に気を付けたいのは飽和脂肪酸という成分。実はこれの摂りすぎこそがドロドロ血の大きな原因の一つです。

 

飽和脂肪酸の多い食事は、常温で個体になってしまう食品のことで、生クリームやクリームチーズ、鶏の皮、牛肉のリブロース、豚ばら肉などに多く含まれています。

 

この飽和脂肪酸が血中に流れ出すと固まりをつくり、血流を悪化させるのです。また、中性脂肪、コレステロールを増加させる原因にもなりますので高血圧の天敵とも言えるべき存在です。

 

飽和脂肪酸の多い食事は、ひどくなれば、動脈硬化を起こす原因にもなりますので要注意です。

 

そんな「ドロドロ血」、「高血圧」を改善してくれる食べ物、食材はこれ!

魚、海産物

魚にはDHA・EPAが多く含まれます。DHAとEPAには血管の柔軟性を向上させる働きがあり、血流をスムーズにし、血圧を下げる働きがあります。

 

また、たんぱく源としても優秀であるため、肉か魚を選ぶ機会が多いのでしたら、積極的に魚を選ぶほうが高血圧予防、改善には適しています。DHA・EPAが多く含まれるのは生よりも缶詰、開きなど意外にも生よりも焼いたり加工した食品に多く含まれます。アジ、ウナギ、ギンザケ、ブリ、イワシ、マグロ、カツオなど多くの魚に含まれています。

 

カリウムを多く含む食べ物を食べる

塩分制限をしていても、冠婚葬祭や付き合いなどで塩分をオーバーしてしまうなんてことはよくあります。カリウムを多く含むのはパセリが有名ですが、納豆やホウレンソウ、大豆、みそにも多く含まれています。

 

実は塩分制限中でも味噌と一緒に塩分をとることになる味噌汁は逆に血圧を下げるというデータもあります。これはおそらく塩分とカリウムの関係がうまく働いていることも関係しているのではないか、という見方もあります。大量に食べればいいというわけではありませんが、高血圧対策中の味噌汁は塩分制限時の味方ですね。

 

豆、根菜、緑黄色野菜

高血圧に良い食べ物、食材はコレ!

大豆や高齢人参、田七人参、ゴボウなどにはサポニンが多く含まれ、トマトやニンジンには抗酸化作用や多くのビタミンが含まれます。

 

「野菜は体にいいものが多い」というイメージ通りに高血圧にも野菜を摂ることは欠かせないとも言えます。一食に一品サラダを付けるなど野菜を摂ることを心かけましょう。

 

でも、毎日必要量摂るのなんて無理!

近年、高血圧や血流改善に効果があるとして注目されているDHAやEPAなどはもちろん他の食材も摂取基準量まで食べるというのは、一日、二日ならばともかく、毎食毎日摂り続けることは非常に困難です。飽きも来ますし、買い物の手間もかかります。

 

そこで、おすすめしたいのはサプリメントでの補助的な摂取です。

 

魚を食べる日には止め、食べれない日に摂取するといった方法は高血圧に対して非常に有効な手段です。

 

栄養分は毎日基準量を摂取しなければ効果は半減です。

 

本気で改善するならば、必要なサプリメントを使用して、栄養バランスの隙間を埋め効率的に高血圧の改善を目指してみてはいかがでしょうか?

肝臓の働きが良い影響を与える食べ物

 

きなりの特徴

DHA・EPAをたっぷり500mg配合!
青臭さゼロ!
ナットウキナーゼ配合

主要配合成分
DHA・EPA、クリルオイル、ナットウキナーゼ、アスタキサンチン、ビタミンE、ビタミンB1、、ビタミンB2、ビタミンB6


口コミ
DHAとEPAが血圧にいいと聞いて頑張って毎日魚を食べていましたが、もともと好きではない上にレパートリーも尽きたのでどうしようと思っていたら、娘からサプリメントにしたら?という提案をされて飲み始めたのがこれでした。どういう基準で選んだのかはわかりませんが、娘が一生懸命調べてくれて、私の高血圧も薬を飲まなくていいところまで下がったので感謝しています。普通に魚を食べるより私には合っていたみたいでした。
63歳/女性
高血圧で食事指導の中に魚を食べるというものがあって、本当に嫌だったのですが、どうやらDHAとEPAを摂るのが大事ということが分かりサプリメントを探していました。きなりは同じく嫌いな納豆に含まれているナットウキアーゼも含まれているということで嫌いなものをすべてサプリで摂れると思って喜んで購入しました。もう二か月になりますが、無事薬を卒業でき、引き続き食事療法になりました。もう手放せません。
52歳/女性
魚の臭さとかは全くなし。血圧も安定してきたのでいうことありません。
56歳/男性

価格 1980円
評価 評価5
備考 1袋120粒入り(一日4粒で約一か月分)15日間返金保証
きなりの総評

栄養素は体に吸収されないと意味がありません。

このきなりは一般的な水になじみにくいDHA・EPAを水に素早く溶けるように改良され、その成分を壊すことのないような工夫を多数しています。他社に感じる青臭いにおいも特殊な製法で完全にカットしています。

お値段も続けるのに無理のない金額になっており、品質はモンドセレクション金賞受賞と折り紙付きです。

 
 

白井田七の特徴

カラダに効く和漢系サプリメント
田七人参を同業他社の5倍以上配合!
サポニン含有量が高麗人参の7倍

主要配合成分
田七人参(サポニン、フラボノイド、必須アミノ酸、デンシチン、ナトリウム、カロチン、
アミノ酸19種、ステロール、ビタミンB1、ビタミンE、ビタミンB6、ビタミンB2、マンガン、鉄、葉酸、銅、亜鉛、カリウム、リン、田七ケトン他)
口コミ
降圧剤を飲み始めてから、ずっと数値が変わらなかったのですが、白井田七を飲み始めてから降圧剤をやめ、経過観察まで来ることができました。生活は自分でできる範囲でもう変えていなかったので、飲み始めてからはほとんど変えていませんでした。純粋に白井田七のおかげです。ありがとうございます。
63歳/女性
いろいろあって化学物質はいやだったのですが、この白井田七は本当に押し固めただけのナチュラルなものだということで購入を決めました。高麗人参系のサプリよりもカラダの調子がいいように感じます。これにしてよかったです。
52歳/女性
50を過ぎてからやる気がなかったり、気分がすぐれなかったことが多かったのですが、これ飲み始めてからすごい調子がいいです。なんか変な名前だな、と思っていましたが、精力的に活動しようと思えるようになりました!高麗人参と似たようなものらしいけど、私的にはこっちのほうがずっと強力に感じました。
56歳/男性

価格 3980円
評価 評価4.5
備考 1袋120粒入り(一日2粒~4粒 半月~一か月分)
白井田七の総評

サポニンが多く含まれる田七人参は高血圧にも効果があります。また、中国で「お金に換えられない」とまで言われていたほど、多くの栄養素を含んでいます。日常では摂りにくいビタミンが豊富に配合されていますので、偏った生活をなかなか崩せないという方に向いています。

 
 

肝パワーEプラスの特徴

牡蠣、梅、にんにくが高血圧に効く
初回お試し価格が980円と格安
牡蠣の豊富なタウリン配合

主要配合成分
広島産牡蠣(亜鉛、グリコーゲン、鉄、タウリン)南高梅(クエン酸、リンゴ酸、コハク酸、食物繊維)、ジャンボにんにく(スコルジニン)、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンE
口コミ
肝臓と高血圧が気になって、タウリンを摂りたいと思って探していて見つけました。どれもあまり摂らないものなのでカラダにいいと思って決めましたが、当たりでした。肝臓の数値と高血圧どちらも去年よりよくなったんです!ありがたいです。
52歳/男性
飲み始めてからしばらくして、血圧が下がったみたい。なんとなく体の倦怠感もとれたような感じがするのでしばらく続けたいと思います。
47歳/女性
高血圧が気になってきて、薬も飲んでよしにするのはよくないかなと思って始めてみました。肝臓もあんまりよくないらしいので、ちょうどいいかなって。今飲み始めて少し経ちますが、血圧はちょっとずつ下がっているみたいです。もう少ししたらまた報告します。
51歳/女性

価格 980円
評価 評価4
備考 5袋お試し価格
肝パワーEプラスの総評

血流が悪いというのは肝臓や腎臓にも悪い影響を与えます。牡蠣、梅、にんにくはすべて血圧を抑える効果があり、牡蠣や梅に含まれるクエン酸は血流を改善する効果があります。自覚症状のない悪化は腎臓、肝臓、血圧などがありますが、すべてがドロドロ血が原因であることが多いため、その解消として肝パワーEプラスは優秀です。

価格的には少し高めになりますが、モンドセレクション金賞受賞、ハイクオリティ認証と品質は確かなので「品質が良いものを」と思う方におすすめです。

 

 

-